足の裏で感じる豊かな心地よさ

駐車場緑化 「ジェイ・エコパーキング」
商標登録済 登録第5262324号

パンフレットはこちら

車から降り立ったときに、ふと感じる足元のやわらかさ。踏み出した一歩に、驚いて跳ね回る昆虫たち。忘れかけていた思い出と、生き物を愛でる新しい気持ちが湧きいずる。草や土を踏みしめることで、豊かな心地よさを感じることが出来るというコンクリートでは味わえないものがここにはあります。

 

メリット


・ヒートアイランドの抑制

・一定の緑被率を確保

・都市型洪水の抑制

・維持管理費の提言

 

当社の優位性


・施工からメンテナンスまで一貫で行ないます

・造園、土木、樹木のプロがお手伝い

・特許工法での施工


駐車場床構造
 特許取得済
特許第4541337号

参考ウェブサイト

・補助金申請などの手続きも行ないます

・日本樹木リサイクル協会のネットワークを最大限に活用

受入れた剪定枝葉等を破砕し、独自のノウハウにて腐葉土堆肥を製造した協会員のたい肥を使用しています。このたい肥は、製造過程で動物性堆肥、化学肥料等を用いない為、クリーンで地球にやさしい製品として各方面より高い評価を得ている製品です。

 

 

 

『車から降り立った瞬間からお出迎え出来る駐車場』ーこんなコンセプトからジェイ-ecoパーキングは生まれました。季節によって刻々と表情を変化させる緑、自ら保水することで足元からの涼を実現させるブロック、そして、何より土の香りを感じることの出来る、地球に優しい緑化駐車場になっています。
しかし、地球環境にいいというだけでは導入しづらいという企業の建前と本音があることも現実です。CSRという観点からだと企業にメリットがないわけではないが、店舗や住宅といった実際の現場ではメリットを感じにくい。企業はボランティアではないので、出来るだけ低いリスクで、リターンを望むものです。そんな中、ジェイ-ecoパーキングは緑被率としてカウントできるため、先の緑化義務などの一助となり、建前と本音の双方をクリアできます。

駐車場緑化はまだ屋上緑化や壁面緑化ほど知名度がなく、呼び名も芝生化駐車場、緑化駐車場、グラスパーキングなどと様々です。呼び名ごとに実績数が分かれているため、そのひとつひとつは少ないですが、「緑化をした駐車場」というカテゴリーで見ると屋上緑化、壁面緑化に次ぐ、もしかしたらそれらを凌ぐ勢いがある手法かもしれません。屋上、壁面よりも導入する条件が少ないというのも魅力のひとつです。

 

 

施工 工程例

 

→TOP